BLOG

葉脈の作業風景

葉脈ヘッダー Continue reading “葉脈の作業風景”

Advertisements

やまみち2018

blog795

もうすぐ始まる“赤坂蚤の市 in SHINJUKU ISETAN”に向けて、たくさん作ったお花を一部ご紹介致します。

2017年初夏に作った“やまみちハットピン”を、リニューアルしました。

より小ぶりに

まずハットピン自体を短いものに変えたので、それに合わせて全体的に小さく、それに伴い花の中央のデザインもより軽やかに変更しました。
小さくするにあたり、中のワイヤーの組み方や葉っぱの土台がかなり小さくなったり、見えない部分が大きく変わり、何倍も難しくなりました。でもその分魅力的なお花が作れたと思っております。

 

2017バージョンは花芯にツブツブのペップを使用したので、砂糖菓子のような素朴なかわいらしさがあったと思います。

元々『木漏れ日の中、山道をお散歩中に出会う野の花を一輪だけ帽子にそっと飾りたくなる』そんなシーンをイメージして生まれたシリーズです。

帽子だけでなく、ブローチとして、ストールピンとしてお使いいただくのも素敵です。

普通のハットピンはくるくる回ってしまい、ブローチやハットピンとして使うとすぐに裏を向いてしまうので、なかなか帽子以外には使いにくい面がありますが、こちらは葉っぱがバランスを取ってくれるので、何にでも合わせやすいです。

挿し方

blog796ピンの部分は全部お洋服の内側に挿して隠してしまうと、茎がより際立つと同時に、安定感も増します。

キャッチもお洋服の内側で留めてしまえば、前から見えるのは完全にお花だけになってきれいです。

※キャッチが外れて肌を傷つけないように、お気をつけ下さいませ。

ピアス用キャッチ

市販のピアス用キャッチには、パールのものなどいろんな種類がございます。

お花の足元に一粒パールがちょこんといる様子も、かわいいです。

 

試行錯誤の末やっとできた、情熱たっぷりのお花です。是非ご覧くださいませ。


《赤坂蚤の市 in SHINJUKU ISETAN》

会期:2018年1月17日(水)~23日(火)
場所:新宿伊勢丹本館 2 階 ザ・ステージ#2
時間:10時30〜20時

赤坂蚤の市 in SHINJUKU ISETAN

1801_蚤の市_新宿

日頃お世話になっている赤坂蚤の市が、期間限定で伊勢丹新宿店に出現します。

Va Plaも一週間参加させていただきますので、年末年始もこのために制作の日々で過ごして参りました。みな楽しみに準備してきたイベントですので、是非お越しくださいませ。

以下、赤坂蚤の市プロデューサーのサイトより抜粋致しました。


概要

アンティークの家具や雑貨、古着やジュエリー、ライフスタイルを彩るクラフトアイテムや作家作品など、さまざまなジャンルの 出店者が集い、毎回多くの人々で賑わう「赤坂蚤の市」が、アークヒルズ アーク・カラヤン広場から新宿伊勢丹本館 2F ザ・ステージ♯2 に場所を移し、初のポップアップショップをオープンします。
会場には、「赤坂蚤の市」に出店している出店者 の中から選りすぐりの23店舗が登場し、1 週間のうち前半と後半で一部店舗も入れ替わります。

出店者との出会いや語らいの中でアイテム 1 つ 1 つの背景にある物語を知ることができるヴィンテージやアンティークならではの奥深さを感じ たり、「宝探し」の感覚でショッピングをすることの楽しさに気付かせてくれます。
「赤坂蚤の市 in SHINJUKU ISETAN」 は、ファッション感度の高い方が集う新宿伊勢丹を舞台に新しいライフスタイルを提案し、今まで出会ったことのなかったア イテムとの出会いや、人と人との繋がりの場を提供します。


▪「赤坂蚤の市 in SHINJUKU ISETAN」
▪2018年1月17日(水)~23日(火)
▪新宿伊勢丹本館 2 階 ザ・ステージ#2
▪参加店舗数: 23 店舗 ※前半~20/後半21~で一部出店者入れ替え 。

謹賀新年2018

blog794

あけましておめでとうございます。

昨年の後半はブログが書けませんでしたが、最近お客様から「ブログで予習してきましたよ。」とお声がけいただくこともしばしばございますので、ちゃんとブログでお伝えしていけるよう、意識するつもりです。

さて、新年らしく、昨年をまとめてみますとこんな感じになりました。

  • 1月に“オーダーメイドの髪飾り”を開始しました。
  • イベント出店し始めて、昨年末でちょうど一年が経過しました。
  • 年始から新しいロゴ制作などに取り掛かり、春からロゴ・パッケージ・ショップカードなど全てをリニューアルしました。
  • おまけとして差し上げるポストカードのデザインを、イラストレーターさんにご依頼して、その絵は私の宝物となりました。

2015~2016年のほとんどを活動休止していたため、2017年は再始動の大切な年でした。

長く休んでいた間に一旦振り出しに戻ってしまった感覚があったので、2017年はその分とにかく何でもチャレンジしてみて、それがどうなるか検証してみよう!と、チャレンジの年。テストの年だと思ってやってきました。

その間にイベントやSNSを通して、お客様とのやりとりの中で自然と“新しいVa Pla”のスタイルが見えてきた気がしています。それを具体化するのが2018年。

抽象的な内容になりましたが…とにかく一歩一歩しっかり進んでいきたいです。

見る人にほっこりしてもらえるお花を作れるよう今年も頑張りますので、これからも応援してください。今年もよろしくお願い申し上げます。

TOP

 

イラストレーターの森山標子さん

文鳥の髪飾りイベント出展の際に、『髪飾りのオーダーも承っております。』ということが伝わるポスターのようなものがほしいなと、ずっと思っておりました。

そこで思い切って、以前からインスタグラムでファンだったイラストレーターの森山標子さんに、ご依頼いたしました。
『兄弟の結婚式に参列する為に身支度を済ませた女の子』です。ふっくらした桜文鳥が鏡台の上から女の子を見ている姿は、とても愛らしいです。
しなこさん作品の象徴であるうさぎさんも当然入れていただくつもりでしたが、今回は作家さんのおすすめの構図に合わせて、あえて“文鳥さん二人”をチョイスしました。
これから大切に、長いお付き合いになるイラストとの出会いとなりました。

早速イラストをイメージして、遊びで髪飾りを作ってみました。あと桜文鳥イメージのブローチ。blog753

イラストに文字などを入れポスター化する部分は、作家さんのおすすめにより、私が担当させていただきました。素晴らしいイラストの邪魔をしないように、シンプルに。

いざイベントで飾るにあたり、ポスターとして印刷しても、屋外イベントが多いので不向きだし、結局絵本のような形状で、フォトブックを作りました。
ただ発色が、実際の絵の色よりも全体的に強くなってしまいました。
実物の柔らかで温かな色や筆遣いの繊細なタッチなどが十分に再現できていないのが残念ではありますが…。


もしイベントなどでこちらのイラストがお目に留まりましたら、是非お気軽にお手にとって、この繊細で愛らしい世界を楽しんでくださると、とても嬉しいです。(ちなみに中身は、髪飾りの過去作品の写真です。)

これからこの絵と一緒に、みなさまに愛される髪飾りを生み出していけるよう頑張ろうと思います。

イラストレーター:森山標子(Schinako MORIYAMA)

うさぎと飼い主の女の子の日常のワンシーンを主に描かれることが多い、世界中にたくさんのファンをお持ちのイラストレーターさんです。
人物の穏やかな性格やその瞬間の心境、その場の幸福感など、“描いていない部分”を想像させてくれる、ストーリーを持った絵だといつも思います。
今にも動き出しそうなうさぎさんが、しなこさん作品のトレードマークになっているようです。
インスタグラムでは、365日作品を投稿されていますので、必見です。

Websiteはこちら
Instagramはこちら

【BRIDAL】イギリスで結婚式

イギリスで結婚式をされる方の、髪飾りを作らせて頂きました。

お色直しというわけではないけれど、サプライズで途中で振袖で登場したいとのことでした。
日本から振袖を持っていき、当日お母様が着付けをしてくださるとのことで、とても素敵なアイデアだなと想像するだけでワクワクしてしまいました。
ということで色内掛け用ではないし、派手すぎずやり過ぎ感のないサイズで…というご要望でした。

赤坂蚤の市にたまたま見本として飾っていた菜の花の髪飾りが偶然目に留まり、急きょオーダー頂いたものです。
ずっと髪飾りを探していたそうですが、なかなか気に入ったものに出会えず、出発の日にちは迫るばかり。そんな中これだ!と思ってくださったそうで、お互いご縁を感じずにはいられませんでした。

ついでにドレス用の白い小花のピンも担当させていただきました。
急いでいたため実物の写真はございませんが、こちらのチュールの写真の白い小花部分と同じものです。

映画のようなロケーションで、会場など気になりますよね。伺ったところ、ナショナルトラストの古いお城?跡だそうです。

ナショナルトラストとは、イギリスの古い由緒ある建物や美しい土地を、可能な限り本来の姿のまま後世まで残していこうというイギリスの取り組みです。
それにより、音響の制限などいろいろ使用上のルールの範囲内でのパーティーとなったそうですが、このような素晴らしい場所で結婚式を開けたことが、なにより素敵なことですね!

髪飾りはイギリスの方々にもご好評だったそうで、イギリスの伝統衣装であるタータンチェックのスカートを着た男性などみなさんに囲まれて、みんなで髪飾りを見ながら髪飾りについてお話している写真も見せていただき、なんだかホッと致しました。

大切なシーンのためのお花を作る役目をやらせていただけて、心より感謝致します。どうもありがとうございました。

TOP

豪徳寺の招き猫

blog741世田谷区の豪徳寺へ、招き猫を見に行ってきました。

招き猫発祥といわれる場所は三つあるそうで、そのうちの一つが豪徳寺です。井伊直弼のお墓があることでも知られています。

住宅街の中に広々としたお寺があり、観光地的ではなく、落ち着いた印象です。
夏の眩しい陽射しと緑鮮やかな紅葉に覆われた境内は、そよ風が通る気持ちのいい静かな空間でした。
秋の紅葉の時期は、猫の赤とリンクしてきっと別の素敵があるだろうと想像しました。

かわいいという言葉が合っているかはわかりませんが、『招き猫が無限にいる。』この光景には嬉しくならずにはいられません。

豪徳寺の招き猫は小判などは持っておらず、いたってシンプルですね。
質感もつやつやコーティングされておらず繭のような質感。筆のタッチも温かみがあります。白目部分がライムグリーンだったり、鼻のコーラルピンクなど、色使いがおしゃれなところも好きです。

江戸時代に和尚さんが可愛がっていたタマという猫がモデルらしいのですが、この古風で可愛らしい姿は、タマという名前にぴったりではないでしょうか?

サイズも表情もさまざま、時々苔むすお顔になっている子もちらほら。
持ち主だった方が、大事な誰かへメッセージを結び付けていたり、お腹にお礼を書いていたり、たくさんの方の愛情を感じる空間でした。

また豆サイズのチビ招き猫が、あちこちにさり気なくいるのもほっこりします。看板の板の割れ目を持ち上げているような猫、石灯篭の中から門の外の人々を眺めているような光景もありました。

もうすぐフランスへ帰省するので、友人へのお土産に招き猫を10体購入しました。

ある時は浅草の達磨、ある時は三鷹ジブリ美術館のミニ巨人兵、ある時は有田焼。
そして今回は招き猫。日本文化や日本のものへのリスペクトはかなり高いので、みなとても喜んでくれます。だからこちらもやる気が出て、毎回お土産屋さんで簡単に済ませるのではなく、納得のいくものを探すようにしています。

余談ですが、もしこちらを訪れる方は、google mapsのナビにはご注意くださいませ。“豪徳寺”と入れるとなぜかどなたかのお宅に着いてしまいます。番地までの住所を入れると、きちんと表示されました。blog743

TOP

サマー

blog738期間限定

  • Va Plaのオンラインショップにて、20%OFFのクーポンを発行しますので、是非ご利用下さいませ。
    今夜の夜9時から使えます。
    ……………………………………….
    【クーポンコード 】2017natsu
    【有効期間】
    07/28(金)21:00〜08/06(日)23:00
    ……………………………………….
    http://vapla.thebase.in
    ……………………………………….
  • minneさんcreemaさんでは使えません。
  • 定価で表示されております。
    →ご購入手続き途中に記入欄アリ。
    →クーポンコードを2017SUMMERと入力。
    →20%割引後の価格が表示。
  • ご購入手続き完了後の取り消しはできません。クーポンコードの入れ忘れには、くれぐれもお気をつけ下さいませ。

箱のラベル

blog736箱作りはラベルデザインから全て、自分で行っております。

箱の側面にはいろんな英文字が書かれております。
世界文学の比較的有名なフレーズの中で、花にまつわるもの、またはお花アクセサリーを選ぶ・贈る・身につけることにも当てはまるなと思えるものを選びました。

赤毛のアンシリーズ

  • アンの言葉

Do you think amethysts can be the souls of good violet ?
「紫水晶って、おとなしいすみれたちの魂だと思わない?」

Wouldn’t it be nice if roses could talk ?  I’m sure they could tell us lovely things.
「バラが話せたらすてきじゃないかしら。きっと、すばらしく美しい話を聞かせてくれると思うわ。」

Looking forward to things is half the pleasure of them.
「何かを楽しみにして待つということが、そのうれしいことの半分にあたるのよ。」

Isn’t it splendid there are so many things to like in the world ?
「この世の中にこんなに好きなものがたくさんあるって、すてきじゃない?」

There are always sure to be more springs.
「春はあとからあとから、いつでもくるのよ。」

I love to smell flowers in the dark. You get hold of their soul then.
「暗がりの中で花の香りを嗅ぐのが大好きよ。花たちの魂を感じられるわ。」

  • デイビーがマザーグースを引用

“Roses red and violets blue, Sugar’s sweet, and so are you.”
「『ばらの花は赤い、すみれは青い、砂糖は甘い、あなたもその通り。』」

その他

  • Victor Hugo

La vie est une fleur, et l’amour en est le miel. -Victor Hugo.
【英訳】Life is a flower of which love is the honey.
【直訳】人生とは一輪の花。愛はその蜜である。

  • ピエール・ド・ロンサール

Cueillez dès aujourd’hui les roses de la vie.
【直訳】今日からでも、人生のバラを摘みなさい。
【意味】人生のこの日を楽しみなさい。

  • シェークスピア

Stop and smell the rosed. – by Shakespeare
【直訳】立ち止まって薔薇の香りを嗅ごう。
【意味】落ち着いて自分の周囲にあるもの見回し、美しいものに感謝しよう。

  • 不明

フランスのお花屋さんなどでよく見かけるキャッチフレーズです。「大切な人の笑顔や幸せを想う気持ちを、お花に込めて贈りましょう。」という意味合いだと思います。

Une fleur, une sourire.
【直訳】一輪の花、一つの笑顔。

Dites-le avec des fleurs.
【英訳】Say it with flowers.
【直訳】花を持ってそう言いなさいな。

※以上、全て正式な訳というわけではありません。


箱などラッピング関係について。

  1. 手作りボックス
  2. 二種類の箱
  3. ショップカードのマイコさん

ショップカードのマイコさん

blog735イベントの際に舞妓さんの絵のショップカードを置いておりますが、お陰さまで大変人気です。

よくいただく質問ですが、一応自分で描いたものです。
絵が下手すぎて数え切れないほど同じ絵を描き、一番うまくいったパーツを福笑いの要領で組み合わせるという、パソコン編集ありきでやっとできた舞妓さんです。気楽なタッチなのでさらさらっと気まぐれに描いた絵のようですが、実は努力の結果生まれたまぐれの一枚となりました。

伝統工芸らしさといいますか、呉服屋さんっぽさはVa Plaにはございませんので、舞妓さんをキーワードに使うことには長い間抵抗がありました。でも蓋を開けてみますと思いの外ご好評で、『和の伝統工芸で洋風のものを作っております。』というのがわかりやすくお伝えできているようで、ホッといたしました。

もともとつまみ細工を始めたのは、何か日本人らしいことができるようになりたい。日本以外のどこでどんな暮らしをしていても、そこで道具も揃い、おばあちゃんになっても続けられ、自分は日本人であると思える何か。そんな視点でトライしてみたことが今につながっているので、そんな想いもVa Plaのマイコさんに託されている気もしてきました。

ちなみにですが、時々登場するこの猫は(TOPへ戻るマーク)、マイコさんのペットのつもりで描きました。二人とも若干ぽってりしていますね。

どこかのイベント会場でこちらのショップカードが偶然お目に留まり、もしも気に入ってくださったなら、お気軽にもらってやってくださいませ。

TOP