【BRIDAL】イギリスで結婚式

イギリスで結婚式をされる方の、髪飾りを作らせて頂きました。

お色直しというわけではないけれど、サプライズで途中で振袖で登場したいとのことでした。
日本から振袖を持っていき、当日お母様が着付けをしてくださるとのことで、とても素敵なアイデアだなと想像するだけでワクワクしてしまいました。
ということで色内掛け用ではないし、派手すぎずやり過ぎ感のないサイズで…というご要望でした。

赤坂蚤の市にたまたま見本として飾っていた菜の花の髪飾りが偶然目に留まり、急きょオーダー頂いたものです。
ずっと髪飾りを探していたそうですが、なかなか気に入ったものに出会えず、出発の日にちは迫るばかり。そんな中これだ!と思ってくださったそうで、お互いご縁を感じずにはいられませんでした。

ついでにドレス用の白い小花のピンも担当させていただきました。
急いでいたため実物の写真はございませんが、こちらのチュールの写真の白い小花部分と同じものです。

映画のようなロケーションで、会場など気になりますよね。伺ったところ、ナショナルトラストの古いお城?跡だそうです。

ナショナルトラストとは、イギリスの古い由緒ある建物や美しい土地を、可能な限り本来の姿のまま後世まで残していこうというイギリスの取り組みです。
それにより、音響の制限などいろいろ使用上のルールの範囲内でのパーティーとなったそうですが、このような素晴らしい場所で結婚式を開けたことが、なにより素敵なことですね!

髪飾りはイギリスの方々にもご好評だったそうで、イギリスの伝統衣装であるタータンチェックのスカートを着た男性などみなさんに囲まれて、みんなで髪飾りを見ながら髪飾りについてお話している写真も見せていただき、なんだかホッと致しました。

大切なシーンのためのお花を作る役目をやらせていただけて、心より感謝致します。どうもありがとうございました。

TOP
Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s