手作りボックス

blog736箱は全て手作りで作っております。

つまみ細工は薄い布なので、基本的に他のアイテムとギュウギュウに詰め込んで型崩れしてほしくありません。型崩れしにくいように制作上の工夫は日々努めておりますが、やはり薄い布ですので。

作家モノ・ハンドメイドのものをお求め下さるお客さまは、幸いその辺り理解があり、そういった点も金属やプラスチックにはない良さだからと、快く大切に取り扱ってくださいます。(お花は工夫して作っていますので、実際は案外大丈夫なのですが。)

そんなお客様へお礼の気持ちを込めて、収納に使えるような箱に入れてお渡ししたいなと思い、作り始めました。

私の場合は、アクセサリーをつける余裕がないバタバタした朝は、とりあえず箱に入れてバッグへつっこみ後から落ち着いてつけたり、出先で汗をかいてネックレスを外したくなったりと、アクセサリーをバッグに一時保管していることが時々あります。
そんな時にもバッグの中で潰れる心配がないので、この箱を常にバッグへ忍ばせています。

貼り箱

箱はホッチキスで四つ角を留めるタイプではなく、いわゆる“貼り箱”、厚紙で箱を作ってから外側に紙を貼る化粧箱タイプにしています。

貼り箱は江戸時代にはすでに使われていたそうで、当時から大切な方への贈り物には貼り箱でご用意していたらしいです。丁寧で古風な箱入り娘であるつまみ細工のお花に似合うのは、貼り箱かなと思いました。
ちなみにつまみ細工も江戸時代から伝わる伝統工芸です。

ただし厚紙に線を引いてカットするところから全部手作業で作っているので、個体差があり既製品に比べるといびつです。温かい目で見ていただけますと、幸いです。

Advertisements

One thought on “手作りボックス

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s