布じゃないみたい。

blog618制作する際に常に頭にある、自分なりの基準があります。

『ブログやSNSなどで見ていたけど実際見ると何か違う…』というがっかりを与えないよね?

そんな基準で、丁寧に油断せずに作ろうと心がけています。
花びらひとひらひとひら折るときも、尖った花びらはきっちりシャープに。
丸い花びらは、ふんわりかわいく均等な丸に。
花びらを摘む指、ピンセットを引く力加減も均一に。
出来上がった花びらは、きっちり並べる。

幸い今のところ、『実物はもっときれい!』と言っていただくことが多く、その度にもっともっときれいに作れるようになってもっと喜んでもらおうと、やる気を頂いています。

ただそのせいかイベント出展時に、はじめましてのお客様には、これが布製だということにとても驚かれます。
キュプラという、よく裏地に使われるコットン由来の薄い生地を使用しているのですが、
「陶器?樹脂??え!布??どの部分が???花びら全部?これ全部が!??」
という会話が、よくあります。

よく伺ってみると、全部のお花自体が小さいので、布だとは思いもせず、樹脂製のミニチュアがまず頭に浮かぶそうです。
また特にダリアは、花びら一枚一枚が小さくピーンと尖ってぴっちり並んでいるため、型抜きで丸ごと作られた陶磁器やカボションのような樹脂のお花ボタンなどかな?と思うらしいです。

ダリアなどの小菊系は整然と均等に並んだ花びらによる、端正な姿が一番の魅力なので、作る最中一番緊張する花でもあります。
そういったところも、楽しんでいただけた幸いです。

TOP
Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s